きわめてパーソナルな何か。

5
ノート

フォトグラファー2.0を知る5つのキーワード

前回、フォトグラファー2.0ということと、その特徴について書きましたが、今度はそのキーワードについて。実はこれは三部作予定で書いていて、フォトグラファー3.0ということを語ることができるようになるまでまとめようという意識で書きました。ドラフト版です。ヒーコの方には、清書してシンプルにしたものを後悔してるのですが(大幅に削ってる)、こちらはその草案に近いものです。せっかくだしボリュームもあるので公開

もっとみる

邪悪なポートレート質問箱

こんにちは、ツバサの折れたダンゴムシ代表、黒田明臣 @crypingraphy です。ウェルスナビとTHEOをはじめて老後生活に向けて大いなる一歩を踏み出しながら早くも腰痛と戦いはじめています。

全然ヒマじゃないので、今日も元気に質問に答えたいと思います。

こないだちょうどそんなことをかんがえていたんですけど撮影はないな〜。おそらく友人に手書きを書きます。いまもっている資産は友人たちに渡したい

もっとみる

ポートレート質問箱。いともたやすく行われる回答

さいきん Peing という質問箱サービスを使用しはじめました。黒田明臣 @crypingraphy です。

昔、Askという同じような質問サービスがあったのですが、そこでやっていたときは今よりもフォロワーも少なかったはずなのに何故かもっと質問がきていて捌ききれずにやめた黒歴史があるんですけど、Peingはそうでもありません。これはどういう仕組み?

ということで、多種多様な質問がポツポツきはじ

もっとみる
先に言わせてしまって申し訳ありません。僕もずっと好きでした。
20

フィギュアスケートは芸術を競うスポーツだと考えた時、何故涙が流れるのか分かった気がする。

この3年間、フィギュアスケート熱はだいぶ冷めていて。10年ちょっと前にその魅力を教えてもらってから、浅田真央とキム・ヨナ時代に突入して、知人のビデオでヤグディン、プルシェンコ、ミシェル・クワン、スルツカヤなど今では伝説となってしまったようなスターたちの生き様と人生を凝縮した数分間にひどく没頭したものだった。

2011年には東京で開催される予定だった世界選手権のチケットが抽選にあたってひどく喜んだ

もっとみる

フリーランス生活10年でわかったこと。

これまで、一般企業に就職した経験がありません。
社会人としてデビューしたのは、当時流行の一円起業で。
いまは会社法が変わったので特に珍しい話ではないのかもしれないですが、21歳の時でした。

あ、ちなみにタイトルは関係のない昔話がここから大半続きます。

昔々あるところに

最初はウェブのディレクターとして、独学で覚えたHTMLやCSSを頼りにとにかく片っ端から技術書や専門書を読んで、経営から税務

もっとみる
先に言わせてしまって申し訳ありません。僕もずっと好きでした。
94