マガジンのカバー画像

生々しい話。

クリエイティブ制作、ソフトウェアエンジニアリング、ソーシャルメディアマーケティング、広告業界あたりを右往左往している肩書き迷子で得体のしれない人生を歩んでいるおじさんがなぐり書き… もっと読む
普段何を考えて何に悩み何を大切にして生きているのかなどを赤裸々に記すことで、整形されたアウトプット… もっと詳しく
¥670 / 月 初月無料
運営しているクリエイター

#フリーランス

出し惜しみなしのLightroomプリセットを販売した背景と仕事の実例たち

これまでのLightroom人生を凝縮したプリセットを発売開始しました。 詳しくはレビューをリン…

100

クリエイティブの民主化

2000年代におきたインターネットの発展というのは、平たく言えば情報の民主化の歴史と言い換え…

具体と抽象

コミュニケーションをしていくにあたって、たまに会話が成り立たない事があると思うんですけど…

何故やるのか、どのようにやるのか、何をやるのか

物事をWHYとHOWとWHATで分類すると、色々な事が見えてくるという話。サイモン・シネックのゴー…

賢い人のコミュニケーション

先日、業務内容を整理していたら毎月打ち合わせだけで140時間くらいしている事が判明してびっ…

プロフェッショナルとは

プロフェッショナルな仕事が出来ているかということを常々自問自答しています。まあ、まだまだ…

問うことは答えることよりも難しい

小林秀雄が学生との対話の中で、質問するということは答えることよりも難しいと言っていて、正しく質問できるということは既に答えがわかっていることだと言うような話をしていました。 先日答えなんかないという事を書いたんですけど、これはヒーコやアマナで仕事をしている中でも度々自分がスタッフに対して言うことです。 例えば、スタッフが自身のタスクに対して「これどうしたらいい?」という質問が来たら十中八九、「どうしたいの?」という質問で返されることになります。

スキ
6

徹底的にやるという姿勢

仕事の話でもしてみます。 何度もたぶん書いていますが、自分は元々フリーランスのエンジニア…

自由を獲得する力

先日、友人の高橋伸哉さんのお誘いで、ミラフォトフェスというフォトグラファーイベントにお邪…

神よ、もしかして炒飯はパラパラじゃなくても良いのではないかレシピ。暫定全黒田炒飯…

突然ですが、さいきん炒飯にハマっています。かれこれ一ヶ月、一日2~3食休まず作り続けている…

[データ定期便] Leica QのRAWデータで夕方の光を研究中

プリセット祭りも落ち着いてきましたが、データ定期便は続けていきます。ここではプリセットほ…

1,000

黒田商店を立ち上げました

年がら年中暴風雨最前線、前世は梅雨のオアシス黒田明臣です。 これまで一年半、個人的にVALU…

[データ定期便] フィルムをデジタルでレタッチするための不思議なプリセット

あれ、6月も半ば。かれこれ購読マガジンをはじめて一年くらいは経っている気がします。どうで…

2,800

何を生み出せているか、常に自分を問いただしている

東京生まれ東京育ち、虫嫌いなやつはだいたい友達、不死身のマンボウ黒田明臣です。 これまでも忙しいと嘆いていることはあったんですが、いま、最高に忙しいです。どのくらい忙しいかというと、写真が一ミリもレタッチできていないくらい忙しい。撮ってはいるのだけどデータ取り込んだまま終了。

スキ
14