見出し画像

フォトグラファーが、昨今の仮想通貨祭りにおもうこと

コインチェックのXEM盗難騒動、災難にあった人には失礼かもしれませんが目が離せないですね。昨年夏くらいから仕事先でクライアントから何故かビットコインたくさん持っていそうだと思われる(持ってないのに)らしく、新しく会う人々に、毎回ビットコインやばいですねと言われている黒田 @crypingraphy です。

その「やばい」の意味は、高騰したり暴落したり、時期によってどっちの意味かも変わっていて、そのくらいの「やばさ」です。(語彙力)

自分も、VALUを開設したのと同時にビットコイン取引所の口座を作っていました。それが今話題に上がっているコインチェックという仮想通貨取引所です。(まじ卍)

なので、ビットコインはじめ、ビットコインを元手に購入したビットコインキャッシュ、あとは日本円も今コインチェックで凍結されてるんですよね。日本円にして50万円分くらいかな。なので他人事ではないのですが、そこは元々円にする気はなかったので気にしていません。

自分がはじめてビットコインを購入した時には、たしか40万円代だったかと思うんですが、そこから年末一気に220万ほどとなり今は120万程度でしばらく安定しています。こういった乱高下をうまく制した人は億り人と呼ばれる円換算で億単位の資産持ちとなるケースもあり、そういった夢追い人が続々参入しているみたいです。

特に20代から学生含む若者の間でも流行っているというのだからおもしろいですね〜。

個人的に株とかFXとか、投機的なものは向いていないので、短期トレード目的でやるつもりはないのですが、ブロックチェーン技術やトークンを利用した経済圏作成には非常に期待しています。

先日、KodakやCopytrackによるICOの発表もありました。

これは、ざっくりいうと改ざんの難しい非中央集権型のブロックチェーン技術を駆使して、著作権を管理するプラットフォームを作成・改修するというお話。「この写真は私のものだ!」というのを証明して世界中に散らばるブロックチェーンでマーキングするという主旨なのだと思います。

その作成予定のプラットフォーム上で使用できる仮想通貨を前売り販売しているのがICO(イニシャル・コインオファリング)と巷で言われている株式で言うIPO的な手法です。Copytrackに関しては既にはじまっています。ICOはクラウドファンディングのようなものだと思っても良いですが、基本的には胴元への信頼がなければ参加するのはやめておきましょう。

Kodakは写真業界だと充分すぎる知名度がありますし、Copytrackは既に親和性の高いシステムが出来上がっているのでけっこう現実的に使えるものになるのでは?と期待しています。

しかしICO自体は、詐欺の温床のようなものなので、気をつけてください。

第二のビットコインバブルを夢見て、安く買って高くなったら売るみたいな夢をつかむためにチャレンジしてお金を失っている事も少なくないそうです。

つい最近も、ICOでお金を集めた後に、ウェブサイトに"penis"という単語のみを残して逃げたという奇天烈事件もあったようです、もはや笑うしかない。

ICOでは、お金を集めても誰も集めている側の保証をしてくれません。お金を集めるだけ集めて持ち逃げというケースも考えられますし、プロジェクトが頓挫する可能性もあります。

CopytrackやKodakに関しては、しっかりとした会社なので大丈夫だと自分は信じていますが。Copytrackは、縁あって代表の方と担当の方とも何度かお会いしてお話したのですが、よいサービスですし、実際使っていても使いやすいです。

知る限り今進歩している技術力(多くは発想)とその利便性を考えても、フィルムがデジタルになったように、今後色々な物事が電子上でやり取りされる世界になるとは思っていて、法定通貨に関してもそういう風向きになってくる日は遠くないのかなと。

なので、こういうKodakやCopytrackの取り組みは期待していますし、タイムバンクを運営しているメタップスの韓国におけるICOなんかも、どうなるんだろう?という期待感があります。

勘の良い人は、

「プラットフォームごとの通貨が出来ると何が良いの?」

という疑問が出てくると思うのですが、それに対する答えがまだ自分の中でも言語化できていないのと、全容を把握しきれていないのでまた整理したらそれは書きます。

ただ、仮想通貨自体がより流通して決済手段として有効になって欲しいと思うのです。

しかし先日のコインチェック緊急会見や様々なニュースをみて感じたのですが、否定的な人も多いですし、そもそもこれだけ乱高下しているモノを通貨と認められる人は多くないと思います。

かなりの向かい風ですが、ネガティブな感情にしろ、ポジティブな感情にしろ、薄々多くの方が、世の中の変革を感じはじめているのではないかな?とは思います。

個人的には、このビッグウェーブに乗って成功してやろう!とは思わないですが、知らないことで損をしない程度にはやっていこうかな〜と。

今回のXEM事件でCoinCheckに興味が湧いたので、自分は人生ネタみたいなところもありますし入出金が解除されたら仮想通貨でも積み立てていこうかなとちょっと思ってます。(良い子は真似しないでください。)



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

見てくださってありがとうございます。サポートよりも、コメント一つでもいただける方が嬉しいです :)

その気持ち、実は気づいていました。
5

黒田 明臣 / あきりん / XICO

Founder of XICO Inc. 自由

会社員経験のないフリーランスだけど人生に支障はありません。

会社員人生のないフリーランス十数年目の30代未婚男性がアンバランスなシーソーの上に乗っているかのような文体で何かを綴りながら愛とは何かという事を模索していく世の中は結局お金的なマガジン
1つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。