見出し画像

夢をもった人に憧れるけど、夢がないことに劣等感を抱きたくはない。

夢をもつことの重要さ。

色々なところで偉い人が、夢やビジョンの重要さと有用さを説いていて、そういうのかっこいいなあという憧れはあるんですけど、個人的には特にないんですよね〜。世の中に溢れているストーリーをみていると、夢の大事さを説いているものばかりですが、夢を持たずに小賢しく生きていって自己実現は難しいのかな?

夢を叶えた人々をみると、感動を覚えるくらいの心の温かみはありますが、同時にこうも考えます。

夢持つ人々も平等に同じだけの時間を過ごしている。きっと、揺れたり悩んだり迷ったりしていたんだろう。120%のエネルギーを夢に費やしていたのかな?この結果は何らかの才能が成したものなのか?それとも夢を追いつづけた直向きな努力?費やした時間?

単純に気になります。

つまり、才能のないオレが、それと同じ夢を見ていて実現することは出来ただろうか?って。

そういう妄想をしてみて、大体、「できない」という結論にたどりつくわけです。

それは、こんな妄想ばかりしていて、結局行動にうつしていないから。

だから夢を持っている人への憧れや嫉妬があるし、その夢に100%を捧げていなくても、持っているだけで素晴らしいなと思う。失敗してもそれは勝者というか。少なくともオレは負けているなって。

そんなかんじで、夢見る少女じゃいられない黒田ですが、ただ、ぼんやりと1年後、5年後、そして10年後どうしていたいかというビジョンならば、ないわけではないです。

前置きが長くなりましたが、今日書くのはそういうこと。

----------------------------
これより先は、継続マガジンを購読されている方されている方のみが閲覧可能な内容です。

いちおう単品購入も可能なようにしていますが、値段設定からも分かる通り、あまり推奨していません。お役立ち要素は特にないのですが、限りなく脳内バリデーションをせずに書き殴っているので、本音に近い日々を小賢しく生きる知恵は散りばめられていると思います。そういう楽しみ方を出来る方は是非、ゆっくり継続マガジンで読んでいただければ嬉しいです。

この続きをみるには

この続き:1,629文字
記事を購入する

夢をもった人に憧れるけど、夢がないことに劣等感を抱きたくはない。

黒田 明臣 / あきりん / XICO

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

見てくださってありがとうございます。サポートよりも、コメント一つでもいただける方が嬉しいです :)

生まれて初めて告白されました。
19

黒田 明臣 / あきりん / XICO

Founder of XICO Inc. 自由

フォトグラファーのお金や仕事や人間関係、とにかく生々しい話。

写真家のプライベート。写真やお金の話や仕事の話、サイト運営や生き抜くための効率化や資産管理、フリーランスフォトグラファーとしての人生、リスクの取り方、日々の過ごし方、あああああ!思いつく限りあげてみましたが、とにかく日頃の自分であったり、普段アンテナを張っていることを書いて...
1つ のマガジンに含まれています

コメント2件

黒田さんのノートはいつも「僕の思ってるけど言語化できない部分を、明確にしてくれるなぁ」と勝手に思ってるのですが、今回のnoteもスタンディングオベーションです(笑)僕は結構「夢」を語る方なんですが、その夢はコロコロ変わります。下手したら3日くらいで。時代や環境が変化して行く中では、一貫性の夢ってのはあまり意味ないのかなぁーって思ってます。
それは嬉しいです!とくに上手な文章ではないので、うまく理解してもらえるかな〜って不安になっています笑、少しでも共感していただけたなら嬉しいです!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。