気づいたらずっと、もう会えないであろう人の写った写真を眺め続けていた。その写真が良い写真だとか悪い写真だとか、日頃見つめるそういう価値観を抜きにして、ただじっと眺めている事にふと我に返り気づいたときに、写真の恐ろしさを感じたというか、ちょっとゾッとした〜。

画像1

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

見てくださってありがとうございます。サポートよりも、コメント一つでもいただける方が嬉しいです :)

その気持ち、実は気づいていました。
1
Founder of XICO Inc. 自由