見出し画像

仕事と作品撮影の境界線について整理

こんにちは、好きなカードはぱろぷんて、黒田明臣 @crypingraphy です。仕事や作品撮影について思考整理がてらちょっといまの考えを書いてみようかなと思ったり。

つい先週、4月は暇とか呟いていたんですが早くも予定が埋まりつつあり、一体何が起きているのか自分でも把握しきれていない3月末です。

アマチュアとして写真をやっていたときは、写真の仕事があってもそれで生計を立てているわけではなかったので、たまにあるクライアントワークという感じで作品性やチャレンジを伴わない保守的な撮影が多くても特に気にしていなかったのですが、もっぱら広告関係の仕事が多いので、作品性はと問われると皆無という回答になります。

ただ、雑誌の撮影は個性を混ぜ込んでいく余白が存分に含まれていて、面白みもあれば、名前が載るので今後に繋げられる可能性もあるようなないような。

この両輪はハッピーなことなのですが、そうこうして写真を日々撮っていると、今度はあたらしい課題感が生まれてきたりもします。

この続きをみるには

この続き:2,047文字
記事を購入する

仕事と作品撮影の境界線について整理

黒田 明臣 / あきりん / XICO

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

見てくださってありがとうございます。サポートよりも、コメント一つでもいただける方が嬉しいです :)

人生の伴侶として僕が相応しいか自信もないですが、はい。是非。
11

黒田 明臣 / あきりん / XICO

Founder of XICO Inc. 自由

フォトグラファーのお金や仕事や人間関係、とにかく生々しい話。

写真家のプライベート。写真やお金の話や仕事の話、サイト運営や生き抜くための効率化や資産管理、フリーランスフォトグラファーとしての人生、リスクの取り方、日々の過ごし方、あああああ!思いつく限りあげてみましたが、とにかく日頃の自分であったり、普段アンテナを張っていることを書いて...
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。