TwitterもInstagramも、気軽で等身大なツールであってほしいので、あんまりそこにマーケティング意識を働かせようとするよりは、気軽に書いてもおもしろいタイムラインになるような人間であろうとする方が効率良い気がする。

画像1
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

見てくださってありがとうございます。サポートよりも、コメント一つでもいただける方が嬉しいです :)

人生の伴侶として僕が相応しいか自信もないですが、はい。是非。
7
Founder of XICO Inc. 自由

こちらでもピックアップされています

きわめてパーソナルな何か。
きわめてパーソナルな何か。
  • 41本

きわめてパーソナルな何か。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。