TwitterもInstagramも、気軽で等身大なツールであってほしいので、あんまりそこにマーケティング意識を働かせようとするよりは、気軽に書いてもおもしろいタイムラインになるような人間であろうとする方が効率良い気がする。

画像1
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
Akiomi Kuroda / 黒田 明臣

見てくださってありがとうございます。サポートよりも、コメント一つでもいただける方が嬉しいです :)

生まれて初めて告白されました。
Founder of XICO Inc. 自由