見出し画像

徹底的にやるという姿勢

仕事の話でもしてみます。

何度もたぶん書いていますが、自分は元々フリーランスのエンジニアとして長く活動していて、今いるアマナとヒーコそれぞれが属しているクリエイティブ業界、広告市場といった分野とは無縁の人間でした。

フォトグラファーといういちプレイヤー、そして経営者としても、大した実績はありませんが、ゼロからこの業界に参入して、個人として年収数千万程度には出来ているのはこれまで自分がいた業界によるスタンダードを、新たな業界にうまく応用しながら持ち込むことで形にできているとは言えるのかなと思っています。

こちらに呟きましたが、その観点をヒーコのスタッフにも注入しながら、効率化を図りながらクリエイタースピリットをいわゆるホワイトカラーなビジネスに活かすためのノウハウや姿勢をヒーコのスタッフにはある意味厳しく伝え続けています。その甲斐もあって?かわかりませんが、結果として、きちんと会社構造に昨年してからの2年間で賞与の桁も一つ増やすことができました。まずは全員ライカとレンズ買えるくらいの賞与と思っていたのでこれは非常に嬉しいところです。

まだまだパートナーやクライアントの方に迷惑を掛ける事もあるのですが、それは基本的には自分のマネジメント不足が招いた事案として受け止めています。

ではそのクリエイタースピリットをビジネスに活かすとはどういうことか。ですが、自律と徹底的にやる姿勢を貫くということです。

前提として、ヒーコのスタッフは全員フォトグラファーであったり写真を趣味で嗜んでいたり、モデルをしていたりと、クリエイティブに時間を投資した人たちで構成されています。まあこんな小さい会社で毎日夜遅くまで働こうと思ってくれるのは、基本的にクリエイティブが好きという精神がなければ難しいのである種の必然でもあるとは考えています。

書きたいことは二つ。

この続きをみるには

この続き: 2,640文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
黒田明臣が普段何を考えて何に悩み何を大切にして生きているのか、写真や働き方、人間関係、テクニックについての具体的な情報よりも手前にある源泉を読める唯一のマガジンです。

写真家のプライベート。写真やお金の話や仕事の話、サイト運営や生き抜くための効率化や資産管理、フリーランスフォトグラファーとしての人生、リス…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

見てくださってありがとうございます。サポートよりも、コメント一つでもいただける方が嬉しいです :)

先に言わせてしまって申し訳ありません。僕もずっと好きでした。
10
Founder of XICO Inc. 自由

こちらでもピックアップされています

フォトグラファーのお金や仕事や人間関係、とにかく生々しい話。
フォトグラファーのお金や仕事や人間関係、とにかく生々しい話。
  • ¥670 / 月
  • 初月無料

写真家のプライベート。写真やお金の話や仕事の話、サイト運営や生き抜くための効率化や資産管理、フリーランスフォトグラファーとしての人生、リスクの取り方、日々の過ごし方、あああああ!思いつく限りあげてみましたが、とにかく日頃の自分であったり、普段アンテナを張っていることを書いていきます。

コメント (4)
クリエイティブな仕事をしていながらも自己模倣や手癖のようなものは万人について回るものだと思っているのでそこをいかに意識的に断ち切り続けられるかがこの仕事の生命線のような気がしています。
僕は
元サラリーマンSE→個人事業主フォトグラファー
になりました。

クリエイティブは「人ありき」まさにそうだなーと感じてます。
そのうえでSEで当たり前だったことをフォトグラファーに持ち込むという徹底したマインドがホントあきりんさんは素晴らしいと思います。

「朱に染まれば赤くなる」じゃないですが、周りの空気感がなーなーだと「ま、いっか」となりがちな事を徹底する!
めちゃくちゃ確信だと思いました。
須田さん:
それもありますよね。作業としてのクリエイティブも否定はしませんが、アーティストとしての自分をある程度自覚しているなら自己に対しても最も批評的であるべきだなあと思います
けんちろさん:
そうなんですね。自分はフリーランスフォトグラファー一本になったことはありませんが、自分の総合力を活かしてこその人生だと思っているので、写真でも経営者でもSEでも、姿勢はあんまり変わらないでいられてます。そういうエゴイズムはある意味写真家的かなと思いますけど
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。