見出し画像

直感を無駄にしない、ひと手間で印象が変わるテクニック

こんにちは、赤ちゃんです。

直感で、撮った瞬間やぱっと見たときに「あ、この写真良いかも」と思っても、パソコンであとから開いてみると「あれ、思ったより良くないかも」というときはありませんか

自分は昔そういうことがすごくあって。悔しい思いや悲しい思いをしたことも少なくありません。そういう写真って、編集しながらも深みにハマってしまって中々納得いくものにならないんですよね。写真の不思議。

あのときの感動はどこへいったのだろう?と思います。

今回のデータ定期便は、さいきんあったそんなケースを元にしながら二つの写真を元に知っているとちょっと便利かもしれないかんたんTIPSをご紹介します。データというよりはノウハウに近いですが、サンプルで実際に使用したトーンカーブも用意しているのでダウンロードしてみてくださいください。

データ定期便とは

本マガジンをご購読いただいている方に向けて、月に一回お送りするデータやハウツーなどです。配布用にわざわざデータをつくるというよりは、日頃の現像やレタッチ、ポストプロダクションにおけるアレコレを共有しているようなイメージです。伝えよう教えようと思ってまとめた内容とかではなく、思考や悩みの軌跡を一緒にたどっていただくような感覚で、ご利用ください。テストなので細かい説明はありませんが、気になるところがあれば直接お問い合わせください。

その結果、商店で販売するようなプリセットが生まれたりしています。

ということで、今回サルベージしたいのは、先日撮影したこちらの写真。

画像2

こちら。これ、いくら文章で書いても撮影時の感動とPC確認時の落胆は撮影者である自分でしかわからないとはおもうのですが。

撮影時には切り取りがうまくいったなあと思いつつも、Lightroomでみてみると、ピントの甘さや臨場感がフラットになってしまっている感じで、撮影時の感動は既に失われてました。手前の前ボケも気になるしという状態。

そこで結果レタッチしたカットがこちら。

画像3

こうすることでようやく救済できました。

ポイントはいくつかあります。

この続きをみるには

この続き:1,434文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
黒田明臣が普段何を考えて何に悩み何を大切にして生きているのか、写真や働き方、人間関係、テクニックについての具体的な情報よりも手前にある源泉を読める唯一のマガジンです。

写真家のプライベート。写真やお金の話や仕事の話、サイト運営や生き抜くための効率化や資産管理、フリーランスフォトグラファーとしての人生、...

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

見てくださってありがとうございます。サポートよりも、コメント一つでもいただける方が嬉しいです :)

人生の伴侶として僕が相応しいか自信もないですが、はい。是非。
11

黒田 明臣 / あきりん / XICO

Founder of XICO Inc. 自由

フォトグラファーのお金や仕事や人間関係、とにかく生々しい話。

写真家のプライベート。写真やお金の話や仕事の話、サイト運営や生き抜くための効率化や資産管理、フリーランスフォトグラファーとしての人生、リスクの取り方、日々の過ごし方、あああああ!思いつく限りあげてみましたが、とにかく日頃の自分であったり、普段アンテナを張っていることを書いて...
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。