見出し画像

そういえば写真をすべて流れで公開するということはほとんどなかった

時の流れがはやすぎて全てを見失いそうでもありますが、そもそも撮った写真を公開したかどうかすら見失いそうであります。黒田明臣です。

さいきん、じっくりまとまって撮影に時間をとるということができていないのもあって、友だちとシーシャにでも行きがてら撮影ということが増えています。この日は、被写体の子と久々に撮影かシーシャでもいこうかという話になり、某所で30分ほど撮影したのでそれを気にしたポイントなど含め公開してみます。想像されているよりも感覚的な話になると思います。

画像1

画像2

画像3

この続きをみるには

この続き:571文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
黒田明臣が普段何を考えて何に悩み何を大切にして生きているのか、写真や働き方、人間関係、テクニックについての具体的な情報よりも手前にある源泉を読める唯一のマガジンです。

写真家のプライベート。写真やお金の話や仕事の話、サイト運営や生き抜くための効率化や資産管理、フリーランスフォトグラファーとしての人生、...

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

見てくださってありがとうございます。サポートよりも、コメント一つでもいただける方が嬉しいです :)

世界中の誰よりも君を愛している。
13
Founder of XICO Inc. 自由
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。