Akiomi Kuroda / 黒田 明臣

Founder of XICO Inc. 自由

Akiomi Kuroda / 黒田 明臣

Founder of XICO Inc. 自由

マガジン

  • 会社員経験のないフリーランスだけど人生に支障はありません。

    会社員人生のないフリーランス十数年目の30代未婚男性がアンバランスなシーソーの上に乗っているかのような文体で何かを綴りながら愛とは何かという事を模索していく世の中は結局お金的なマガジン

  • SNS時代の生存戦略

    • 10本

    SNS時代の生存戦略サークルのオーナー黒田明臣とメンバーによるマガジンです。生存戦略が機能している限り更新されていると思いますが、されていないということは生存に失敗している可能性があります。

  • きわめてパーソナルな何か。

    きわめてパーソナルな何か。

ストア

  • 商品の画像

    Leica M11 Black Paint

    もしどなたかお譲り先が見つかるようであれば、M11-P に変えようかなと思っているため、販売します。殆ど使っていないので状態は良いです。価格はマップカメラの備品程度の価格で検討中。箱や備品は完備、のはず。
    ¥1,069,200
    Personal Store Akiomi Kuroda - 黒田商店 - プリセット・中古品販売
  • 商品の画像

    タートルネック「OMI」S/M/L

    生地からデザイン、サイズ感にいたるまで、こだわりを凝縮して制作したプレミアムなタートルネックです。日常のちょっとしたお出かけからオフィスカジュアルまで、幅広く使用できます。サイズ:S、M、L ※ユニセックスです。仕様:上記画像6枚目をご覧ください。素材:ウール100%取扱い:クリーニングまたは手洗い※この製品は生地の性質上突起物に引っ掛かりやすいので、着脱時やアクセサリー等には十分お気をつけ下さい。※プレゼント用の包装は行っておりません。あらかじめご了承ください。※配送は毎週「水曜・木曜・金曜」のいずれかで対応させていただいております。配送に遅れが生じる場合がございますので、ご了承ください。▽制作過程、こだわりのポイントについてhttps://note.artratio.net/n/n77643f1b4d41
    ¥20,000
    Personal Store Akiomi Kuroda - 黒田商店 - プリセット・中古品販売

記事一覧

固定された記事

黒田商店を立ち上げました

年がら年中暴風雨最前線、前世は梅雨のオアシス黒田明臣です。 これまで一年半、個人的にVALUやこちらの購読マガジンを通じてデータ配布をしてまいりましたが、そこで得た…

クリエイターと道具市場のジレンマ、そして予算構造の抱える問題

こちらのつぶやきに引用リツイートで返信しようとしたら長くなったので記事にします。おにやんま食べながら呼吸のように呟くのを心情としているのですが、こうして真面目に…

フォトグラファータートルネック「OMI」を発売

構想一秒、製作一年のタートルネックこんにちは、寝てるだけで寝癖が出来上がるフォトグラファーの黒田明臣です。 この度、百着限定ではありますが自分の偏愛を詰め込んだ…

最後の30代

最後の30代がはじまった。 2年前に急逝した父は、帝国ホテルに生涯勤めて常務取締役に。引退後は帝国ホテルキッチンの会長として晩年を過ごす矢先のことだった。父と同じ…

写真展 GO BEYOND に寄せて

本日より、全国どこでも楽しめるバーチャル型写真展 GO BEYOND が開催されます。 11月末の告知からきっかり3週間を経て、ようやくサイトをリリースすることができました。…

映画における娯楽と表現の両立

映画とはアートか、エンターテイメントか。 答えは「そのどちらでもある」です。 写真とはアートか、記録か。という問いを投げかけてもきっと同じ答えになりますよね。 …

もののあはれを知ること

もののあはれって聞いたことありますか? ちょっと大げさなことをつぶやいてしまいましたが、わりと真剣な話です。 自分がこの言葉を意識しはじめたのは2007年。小林秀雄…

フォトグラファーのレバレッジ効果

レバレッジ効果とはレバレッジ効果というワードは、テコの原理からきていて、金融の世界でよく使われている用語です。とはいえ、現代のクリエイターにとっても関係のあるテ…

戦略と戦術のちがいを考えてみる

サークルでSNS時代の生存戦略とはいっていますが、そもそも戦略ってなに?戦術の違いとは?という話です。 戦略というのは、戦いを略すると書くわけですが、目的を達成す…

「考える」、「つくる」、「発信する」

SNS時代の生存戦略とは何か。 前回のサークルイベントでは、そんな話を冒頭にお話させてもらったのですが、ざっくりと生存戦略とは何かをまとめました。 ポイントは大き…

SNS時代の生存戦略サークル ゆるトーク開催します

購読マガジンの延長線上で情報発信の為にサークル化したのですが、優秀な運営メンバーがあつまったことにより、何故かイベントを開催することになりました。 7月15日 20:0…

SNS時代の生存戦略

なんだか大層な名前をつけてしまった気がしているのですが、サークルをはじめました。 いわゆるオンラインサロンのように豪勢な事をやる予定はなく、これまで3年半行って…

お仕事依頼について

昭和の残骸、黒田明臣です。お仕事依頼ページというのを設定できるようなので、してみます。特に仕事を募集しているわけではありませんが、常に面白い話には興味があります…

SNS時代の生存戦略サークルはじめました

三年半弱続けた購読マガジン(長い!)を6月末で停止したのですが、同時に申請していたサークルの審査も無事に通りましたのでご報告です。 三年半もやってたのかあ、と驚き…

この記事は
マガジンの購入者だけが読めます。

サークルへの移行

この記事はマガジンを購入した人だけが読めます

出し惜しみなしのLightroomプリセットを販売した背景と仕事の実例たち

これまでのLightroom人生を凝縮したプリセットを発売開始しました。 詳しくはレビューをリンクに書いたのですが、ここではもう少し背景の話をしたいと思います。 発売ま…

100
固定された記事

黒田商店を立ち上げました

年がら年中暴風雨最前線、前世は梅雨のオアシス黒田明臣です。 これまで一年半、個人的にVALUやこちらの購読マガジンを通じてデータ配布をしてまいりましたが、そこで得た経験と知識をもとにこれがベストであろうと思える究極のプリセットデータを、今回はきちんと販売します。 いちおう商店では、不要なハードウェアや機材、冊子も販売する予定ですが、今日はプリセットについてお話したいと思います。 パーソナルストア - 黒田商店黒田商店について 色々な立場があるのですが、自分自身はプレイ

クリエイターと道具市場のジレンマ、そして予算構造の抱える問題

こちらのつぶやきに引用リツイートで返信しようとしたら長くなったので記事にします。おにやんま食べながら呼吸のように呟くのを心情としているのですが、こうして真面目に読んでくださる方もいると考えると、なんかもうすみませんという気持ちです。 せっかくなので言いたかったことを少しまとめてみます。タイムラインのツイートに触発されて書いているだけなので、該当するとおぼしきツイートが真に何を問うているかとか、何に対して言及されているのかとかは正直よくわかっていないので、あまりそこは気にせず

フォトグラファータートルネック「OMI」を発売

構想一秒、製作一年のタートルネックこんにちは、寝てるだけで寝癖が出来上がるフォトグラファーの黒田明臣です。 この度、百着限定ではありますが自分の偏愛を詰め込んだタートルネックを作ってしまいました。構想一秒製作一年。こだわりを詰め込んだ一着です。 名前は「OMI」。友人の石川穣氏に命名していただきました。(ありがとうございます。) カラーバリエーションなどは一切なし。黒一択の一本勝負です。 本記事では、制作に至った過程と共に、こだわりポイントについてお話させていただきま

最後の30代

最後の30代がはじまった。 2年前に急逝した父は、帝国ホテルに生涯勤めて常務取締役に。引退後は帝国ホテルキッチンの会長として晩年を過ごす矢先のことだった。父と同じだけ生きられるとしたらオレは残り28年。とうに折り返しは過ぎている。 父が日本のクラシックを象徴とするようなホテルに勤め続けて毎日スーツを着て仕事に行っている傍ら、オレはほとんど才能に感けた日々を30年間過ごしてしまった。正す襟もないような状態からこの数年、かろうじて背広に身を包みながら不惑に挑む。 尊敬する赤

写真展 GO BEYOND に寄せて

本日より、全国どこでも楽しめるバーチャル型写真展 GO BEYOND が開催されます。 11月末の告知からきっかり3週間を経て、ようやくサイトをリリースすることができました。 GO BEYOND というのは写真展名。ウェブサイトはGALLERY MEDICIISMと言います。Google Pixel と XICO のコラボレーションで実現したオンラインギャラリーで、9名のフォトグラファーが出展する写真展になっています。 情報設計を無視したページ構造、高画素大画面の時代と

映画における娯楽と表現の両立

映画とはアートか、エンターテイメントか。 答えは「そのどちらでもある」です。 写真とはアートか、記録か。という問いを投げかけてもきっと同じ答えになりますよね。 すべての作品がどちらでもあるとは言えず、片方のみが成り立っている状態でも良いのですが重要なポイントが一つあると思っていて。 それは、この2つが高い次元で両立された時に、その作品は一つを突き詰めただけでは到達できない領域に位置することができるということです。 娯楽に振り切ろうと思えば振り切れる部分があったはずな

もののあはれを知ること

もののあはれって聞いたことありますか? ちょっと大げさなことをつぶやいてしまいましたが、わりと真剣な話です。 自分がこの言葉を意識しはじめたのは2007年。小林秀雄という近代批評家にドハマリしていた時期です。小林秀雄は晩年11年もの歳月をかけて本居宣長を名に冠した文学作品を発表します。とてつもない年数にも思えますが、この事実に対して小林秀雄は、本居宣長が晩年34年もの歳月をかけて古事記を完成させたことと比べても11年では短すぎると語っています。 自分なんかには途方もなく

フォトグラファーのレバレッジ効果

レバレッジ効果とはレバレッジ効果というワードは、テコの原理からきていて、金融の世界でよく使われている用語です。とはいえ、現代のクリエイターにとっても関係のあるテーマだったりします。 テコの原理というのは、小さい力で大きなモノが、テコを使うことによって動かすことができるというもの。 一般的に活用されているのは、為替取引などで自己資本が少なくともその信用などを元手にして他人資本を取り入れながら、より大きいリターンを得たり(損失になったりもしますが)することですが、テコの原理と

戦略と戦術のちがいを考えてみる

サークルでSNS時代の生存戦略とはいっていますが、そもそも戦略ってなに?戦術の違いとは?という話です。 戦略というのは、戦いを略すると書くわけですが、目的を達成する為のシナリオや方策といった言い方もできるものです。戦術というのは、戦う術(すべ)と書くように、戦略をどのような術によって実現するかというもの。 そして、戦略と戦術という言葉が機能するためには、その前段となる目的が必要不可欠です。 目的なくして戦略も戦術もないつまり、目的なくして戦略はなく、戦略なくして戦術はな

「考える」、「つくる」、「発信する」

SNS時代の生存戦略とは何か。 前回のサークルイベントでは、そんな話を冒頭にお話させてもらったのですが、ざっくりと生存戦略とは何かをまとめました。 ポイントは大きく三つに集約されるという話です。 ・考える ・つくる ・発信する 対象は何であれ、これが生存戦略の骨子と考えていますよ、という話だったのですが、こちらでも改めて書いておこうと思います。 SNS時代とは 戦略とは戦い方を略すると書いて、戦略。目的を達成するための戦略であって、逆に言えば目的が必要となります。

SNS時代の生存戦略サークル ゆるトーク開催します

購読マガジンの延長線上で情報発信の為にサークル化したのですが、優秀な運営メンバーがあつまったことにより、何故かイベントを開催することになりました。 7月15日 20:00 ~ からSNS時代の生存戦略を模索するトークショーを開催します。 詳細は、弊サークルのマスターと呼ばれる謎の運営メンバーがまとめてくれているこちらをご確認ください。 開催日程:2021年7月15日 開催時間:20:00 ~ 22:00 スピーカー:黒田明臣、葵美月 テーマは、SNS時代の生存戦略と謳

SNS時代の生存戦略

なんだか大層な名前をつけてしまった気がしているのですが、サークルをはじめました。 いわゆるオンラインサロンのように豪勢な事をやる予定はなく、これまで3年半行っていた購読マガジンでの発信をより軽快に行いながらメンバー同士の交流も可能な導線に一応しておくというところ。そして個人的な相談なども受け付けられる状況を用意するといったものです。 サークルというものに所属したことが一度もないので、サークルが何なのかもよくわかっていなかったりするのですが、それも一興ということで、ゆるく継

お仕事依頼について

昭和の残骸、黒田明臣です。お仕事依頼ページというのを設定できるようなので、してみます。特に仕事を募集しているわけではありませんが、常に面白い話には興味があります。 プロフィール黒田 明臣 / くろだ あきおみ 1983年生まれ。東京都出身、東京都在住。 株式会社XICO 代表取締役
 株式会社アマナ デパートメントアドバイザリー フリーランスエンジニアとして、プラットフォームや新事業立ち上げをサーバーサイド中心に担当。2016年より商業フォトグラファーとして活動を開始、

SNS時代の生存戦略サークルはじめました

三年半弱続けた購読マガジン(長い!)を6月末で停止したのですが、同時に申請していたサークルの審査も無事に通りましたのでご報告です。 三年半もやってたのかあ、と驚きですが、もはや勢いでかれこれ数ヶ月構想していた移行をしてみることにしました。 詳しくは上のサークルページに記載していますが、よりインタラクティブなコミュニケーションと、ライトな発信を目指しての取り組みです。 プランは二つ。いわゆる見る専門のものと、コミュニケーションも含めたものになります。まだ運用してみてからの

サークルへの移行

この記事はマガジンを購入した人だけが読めます

出し惜しみなしのLightroomプリセットを販売した背景と仕事の実例たち

これまでのLightroom人生を凝縮したプリセットを発売開始しました。 詳しくはレビューをリンクに書いたのですが、ここではもう少し背景の話をしたいと思います。 発売までの経緯VSCOをはじめ、これまで海外の好きなフォトグラファーのプリセットを買ってみたりと、自分が2年前に販売するタイミングで勉強も兼ねて色々試してみたんですが、あることに気づきました。それは、局所最適されすぎていてハマらなければ全く意味のないプリセットになってしまうという点。 特に海外のフォトグラファー

有料
100